ネイル検定のために!

爪を彩るアーティスト

ネイル検定の時間はどれくらい?!

ネイル検定とは公益財団法人日本ネイリスト検定試験センターが主催する検定試験です。1級から3級まであり、それぞれプロのネイリストとしての知識と技能を問う内容となっています。 試験は実技と筆記に分かれており、時間はそれぞれ、3級が事前審査に10分、実技が70分、筆記が30分、2級は事前審査は同じく10分、実技が前半と後半に分かれておりそれぞれ35分と55分、筆記は35分となっています。1級は最も難易度が高く、事前審査は2級3級と同じ10分ですが、実技は150分という長いもので、筆記は40分になります。 事前審査では道具などのセッティングの仕方や実技モデルの爪の状態などをチェックされます。 ネイル検定はプロのネイリストを目指す人でしたらどんな人でも取っておきたい資格の1つですが、試験時間だけを見ても、決して楽に取れるといったものではありません。ことに1級は高い技術を要求されるだけではなく、150分と言う実技の長丁場を乗り切らなければならないので、体力や精神力も必要です。 トップクラスのネイリストを目指す人のステップボード、それがネイル検定です。

ネイル検定にかかる時間とは

ネイル検定とは、ネイルケアやネイルアートに関する知識と技術を認定するために行われる検定試験です。ネイリストとして必要になる、技術と知識の向上を目的として実施されます。ネイル検定は3つのレベルに分かれていて、3級はネイリストとしての基本的な技能および知識をマスターするための検定です。試験内容は実技とマークシートによる筆記で、実技は事前審査が15分・所要時間60分で、筆記は30分です。出題数は筆記60問となっています。2級はサロンで仕事を行うためのネイルケアやリペア、アートに関する検定です。こちらも実技とマークシートによる筆記で試験が行われ、実技は事前審査15分と前半35分・後半55分に分かれています。筆記は80問を35分の間に回答します。1級はトップレベルのネイリストとして認められるための総合的な検定です。試験は実技に事前審査と15分で所要時間150分の試験を行い、100問の筆記を45分で回答する必要があります。

注目サイト

不動産の経営なら
http://www.c-sp.jp/

Last update:2017/4/11