ネイル検定のために!

爪を彩るアーティスト

ネイル検定のモデル依頼は早めに

ネイリストになるために必ず資格が必要であるというわけではありませんが、知識や技術力を認定する民間の資格、ネイル検定があります。趣味程度のレベルからプロレベルの内容までの級を取得することができます。ネイル検定の内容は、筆記試験と実技試験です。試験当日には、実技試験の際にネイルを施すモデルを準備する必要があります。準備できなければ、試験が失格になってしまいます。頻繁に練習に付き合ってくれる間柄やモデル経験のある人に依頼するのがおすすめですが、普段から体調管理ができて、爪の状態ができるだけ良い人に依頼できるとよいです。爪の周りの皮膚状態が悪い人や年齢制限に引っかかると減点の対象になります。また試験中にモデルが受験者にアドバイスすると失格になります。会場でのマナーを守れる人が基本となります。それでもなかなか依頼する人がいないという場合は、ネイルスクールや通信講座から紹介制度が利用できることがあります。

ネイル検定のモデルの探し方

ネイル検定を受けるにあたって重要となるのはモデルです。普段なら技術向上のために様々な爪に対応する練習必要がありますが、ネイル検定となるとやり易さや見映えの良さを考慮した爪のモデルを選ぶ事が重要です。縦長で曲がっていない、凹凸がない爪が理想的ですがなかなか見つからないのが現実です。友人に頼むケースが多いですが、中には街中でキレイな爪の人に声をかけてモデルを依頼している人もいます。SNSを利用したり、斡旋業者を利用したりするパターンもあります。もちろん検定本番だけではなく数か月前から練習に付き合ってもらったり、ネイルが映える爪になるようケアをしたりで時間を割いてもらう必要があります。相手の時間を貰うという事を意識して感謝の気持ちを持って丁寧に対応するようにして下さい。信頼関係を築く事がネイル検定合格のカギとなります。理想の爪探しには時間がかかりますが、ネイル検定合格のためにもがんばって探してくださいね。

pickup

最終更新日:2017/4/11