ネイル検定のために!

爪を彩るアーティスト

ネイル検定の流れを把握しよう

ネイル検定とはネイリストを目指す人たちが知識や技術向上を目的に取得する資格です。国家資格ではありませんが、取得していれば開業や就職する際に有利になることがあります。 ネイル検定の基本的な流れは、まず会場に入る前に赤ポリッシュを塗っておいてください。会場に入ったら座席に着いてネイルに必要な道具を自分が作業しやすいように配置しましょう。お湯や液体ソープを用意するのも忘れないでください。こうしたセッティングは事前審査が始まる前までに行いましょう。事前審査後から実技試験が始まります。手の消毒から始まり、爪にアートを施し、トップコートを塗るまで行います。実技試験が終わったら、審査が行われ、審査後は片付けを行い、筆記試験に移ります。 当たり前ですが、検定には制限時間がありますので、時間内に終わらして修正などの時間が取れるように時間配分をしっかりして事前に練習を積んでおきましょう。検定の際は誰でも緊張しますが、慌てずに落ち着いて行うことが大切です。

ネイル検定試験当日の流れ

ネイル検定というのをご存知ですか。最近はネイルを楽しむ人も増えてきていますがネイルにも検定があります。ネイル検定には1級、2級、3級とあります。1級を最高とし3段階にわかれています。 初めて受ける人は3級となります。この検定には実施試験と筆記試験がどの級でも行われます。 試験の流れは会場入りしたらテーブルセッティングをおこないます。自分の持ってきた道具を全てテーブルの上に並べて準備をしておきます。次に事前検査がおこなわれ試験管によるモデルの爪、テーブルセッティングのチェックが入ります。 そしていよいよ試験開始になります。実技時間70分です。終わるとすぐに審査されます。審査が終わると後片付けをします。 次に筆記試験が始まります。筆記試験時間は30分です。マークシート式の回答欄となっています。 これでネイル検定は終了となります。1ヶ月後試験結果が発表されます。 3級が合格できると2級のネイル検定を受けることができるようになります。

check

2017/4/11 更新